カテゴリー別アーカイブ: news

27

第10回 茶話会「和洋デー」のご報告

■日時: 平成26年11月21日(木)12時~14時30分

■場所: ふじのきさん家  ■参加者: 37名   ■会費: 300円

■プログラム: 昼投稿を表示食、「疑似音や回想法を用いて身体を活性化させよう!」

■協  力 :和洋女子大学柳沢研究室(柳沢先生と大学4年生6名)

今回の茶話会は和洋デー。茶話会のレシピをつくっていただいている柳沢先生と4年生の学生さんが調理とその後の講座を担当して下さいました。9時からふじのきさん家に集まり、作業を開始。段取り良く調理を進めてくれました。

01 04 09

昼食は、秋の味覚を使った食感多彩な4品。いすみの甘いさつま芋はご飯にほどよくあい、鶏肉と豆腐でつくったふっくらヘルシーな和風ハンバーグは、あんかけの大根おろしや人参のしゃきしゃき感が楽しめました。更にナメコのみそ汁がありとってもバランスのいい食事!デザートのリンゴはコンポートにしてあり、甘酸っぱさと生クリームの甘みがとってもあっていました。少し多めに作って頂きましたが、参加者の皆さんからはおかわりも多く、平らげてしまいました。

07 08 12

食後は学生代表松下さんの司会進行による、おたのしみ会がスタート。疑似音や回想法を用いて身体を活性化させよう!というテーマで、まずは早口言葉を一緒に唱えました。口を動かすことで、認知症予防になるそうですよ。擬音クイズはサイレンの音や猿の鳴き声など、グループでせーの、で答えをいい、全員一緒ならば正解という内容。こちらもとても盛り上がっていました。

27 28

その後はグループに分かれて昔の思い出話をしました。話すテーマは「昔のおやつ」や「初恋」について。学生さんが4~5人の輪の中に入って、話を聞き出し、会話をしましたが、どこのグループもにぎやかでした。昔食べたおやつの話しでは、筍の皮に梅干しを挟んだり、ジャガイモを巾着のようにして食べた話しが出ました。門松で竹馬をつくった話やほろりとする初恋の話なども出たようです。

いつもの茶話会は講師の先生から話を聞くことが中心なのですが、今回は参加者皆さんがたくさんおしゃべりが出来、大変盛り上がった会でした。そして、今回はなんと、男性参加者が最多の7名!さすがの女子大生効果でした。

柳沢先生や女子大生の皆さんに企画、運営していただき、とっても美味しく、楽しい茶話会となりました。ありがとうございます。

また、ぜひ、和洋デーを開催してくださいね。

イメージ画像

第11回 茶話会のご案内

毎月開催している茶話会、12月のテーマはひと足早いクリスマスです!チキンやケーキなど、クリスマスにちなんだお料理をいただきますよ。そして、食後は懐かしい折り紙をします。実は折り紙は指先を使うため、健康にも良いと言われています。今回は、日本折紙協会講師の中村桂一先生からクリスマス飾りにもなる折り紙づくりを教わります。一枚の紙からどんな形が生み出されるのかどうぞお楽しみに♪

*日 時  12月18日(木) 12時~14時
12~13時:昼食(クリスマスにちなんだ食事です)
昼食後は高齢者見守り相談室により
健康体操を行います
13~14時:折り紙WS「クリスマス飾りを折りましょう」
(講師)日本折紙協会 中村 桂一さん
*場 所  ふじのきさん家2階多目的室
*会 費  300円(昼食付き)
*参加人数 25名
お申し込みは電話又は直接ふじのきさん家へ
(お電話(03-6657-2300)はふじのきさん家開設日(火、木、土曜日の10~17時)におかけ下さい。)

主  催 :NPO法人燃えない壊れないまち・すみだ支援隊
協  力 :日本折紙協会
アドバイザー:墨田区社会福祉協議会、むこうじま高齢者支援総合センター、むこうじま高齢者みまもり相談室

ddd2

第9回茶話会 イベントレポート

今回の茶話会は「飾り太巻づくり体験といすみの暮らしと伝統食のお話」。いつもより1時間早い11時すぎの開始でしたが、早い時間から皆さんにお集まりいただきました。男性の方も2名、前の時間に行っていたヨガ教室のお子さん連れのお母さんも体験講座に参加いただきました。また、前回同様グループホームの方々にもいらしていただき、見学者も多く、いつもよりも賑やかな会になりました。

本日の講師は千葉県いすみ市から来ていただいた「夷隅きゃらぶき普及会」のお母さん達です。なんと、いすみの飾り太巻きは外側に卵を巻くスタイル。すのこに載せた酢飯で山をいくつもつくり、海苔で巻いたでんぶで赤く染まった酢飯やホウレン草を中に巻き込み、30分ほどで完成!各自包丁で輪切りにすると切り口からはかわいらしいお花の模様が現われます。その度、参加者の皆さんから大きな歓声が沸き起こりました。

お昼は、皆で作った飾り太巻きを主食にけんちん汁とサツマイモのデザートです。いすみの皆様からの差し入れであるきゃらぶきの漬物や柿をいただき、なんともぜいたくなお昼になりました。食事の後はみまもり相談室の松岡さんから身体をさすったり、簡単に出来る運動を教わりました。毎日行うことで脳が活性化するそうですよ。
「夷隅きゃらぶき普及会」代表のつる岡さんからは会の取組みや伝統食、いすみの暮らしについてお話しがありました。会の名前にもなっている特産品のきゃらぶきは1日かけて煮詰めつくっていくのだそうです。昔は声をかけると誰かが持ってきてくれたそうですが、今はとる人もいないので600kg採集するのが大変だとのことでした。また、無農薬、地域のものを活かす活動をされていますが、ものは大事に、米の一粒まで大切にして欲しいとの想いを伝えているとのこと。お米、ホウレンソウは葉先まで栄養になる。だから捨てないために素材にこだわるとのお話しでした。

素敵な想いとお話しを伺い、参加の皆さんからはよかった!との声を多数いただきました。また、飾り太巻きをふじのきさん家で作っていければと思っています。

■日時:平成26年10月21日(木)11時~14時30分
■場所:ふじのきさん家
■参加者:37名
■会費:300円
■プログラム:飾り太巻き体験と昼食、リフレッシュ体操、いすみの暮らしと食のお話
■協力:夷隅きゃらぶき普及会、NPO法人いすみライフスタイル研究所、いすみ未来のふるさと協議会